NAVIGATION

賃貸での不満を次のステップへのバネにする

必ずしも大きく困っていると言うわけではありませんが、多少の不満なら現在住んでいる賃貸にもいくつかあります。その中でも筆頭は日当たり具合でしょうか。もちろん事前に調べたときに日当たりがあまりよくないことは十分に理解していたのですが、実際に住み始めると日当たりがないというのが思いのほか大きく生活に影響を及ぼすことを感じています。たとえば洗濯物を干すにしても常に陰干しと言う感じだし、当然のことながら乾きも悪いわけです。また冬場になると一日中常に日陰にいるような感じなので、暖房は常につけっぱなしになるものです。もし日当たりのいい部屋なら暖房費をある程度は節約できたのではないでしょうか。

もっともこうした不満は受け入れていかなければどうしようもありません。もっと家賃の高い部屋を選べればこうした不満は発生しないはずだし、むしろこの逆境をバネにして次のステップへ飛び立つことを考えたほうが建設的というものです。おそらく将来はこうした不便さも笑い話として話せるはずだし、そう考えるとむしろ若い今だからこそあえて不便な境遇に身を置くと言うのも必要なことかもしれません。その境遇から抜け出すことが出来るかどうかはひとえに自分自身の努力にかかっていると考えれば、がんばる元気もわいてくると言うものです。

Copyright (C)2017賃貸で借りるとしたらこんな場所を選ぶ.All rights reserved.