NAVIGATION

賃貸での初めての一人暮らし

毎年3月ぐらいになると新生活を始めるため、賃貸アパートやマンションを借りる人が増えます。特に地方から上京してきて初めて見知らぬ地での一人暮らしを始めるという学生は、不安と期待がいっぱいだと思います。何かとお金がかかる新生活の準備や引っ越しを終えたら、出来れば出費を控えて生活したいものです。お財布の中身が寂しい状態で都会で生活するのも虚しいもの、自由に使えるお金を増やす為、生活費の部分を節約して削れば、都会での暮らしも充実してきます。

一人暮らしにかかる絶対必要な費用が、家賃、電気代、ガス代、水道代、携帯代、食費です。これに生活に必要なティッシュや洗剤、シャンプーなどの日用品、女性ならコスメ代も含めれば、かなりの出費になります。この中で絶対どうしても節約できないのが家賃です。つまり、家賃以外は工夫次第で節約できるということになります。

電気代金に関しては、今販売されているエアコンや家電製品のほとんどは省エネなので、よほど使わなければそんなに料金は高くはならないです。水道代金は二か月に一回請求されますが、食器洗いの時や歯磨きの時に水を出しっぱなしにするのをやめたり、シャワーヘッドを水圧を強くするタイプに変えるだけで、かなりの節約になります。ガス代金は料理好きな人にはかなりの出費になりますが、お湯を沸かすのを電気ポットにしたり、調理を電子レンジや炊飯器クッキングに頼れば、ぐっと減らすことが出来ます。

Copyright (C)2017賃貸で借りるとしたらこんな場所を選ぶ.All rights reserved.