NAVIGATION

賃貸に住んでみて困った点

最近引っ越してきて、新しい賃貸物件に入居して1ヶ月になります。充分に吟味してから入居をを決めたはずでしたが、いざ住んでみるとやはり、いろいろと困ったところに気づいてきました。まず一つ目は、異様に音が響くということ。これは隣や上の階の騒音に悩んでいる、ということではありません。自分たちの部屋の中で、違う部屋の音が響いてくるのです。例えば、家族の誰かがお風呂に入っていると、水をバシャバシャとする音が、まるですぐ横の脱衣所にいるかのように聞こえます。廊下を挟んだ違う部屋にいるのに…更に、アパートの階段を上り下りする足音も、カツカツとものすごく大きく響きます。

この賃貸物件に入居する前、騒音トラブルは嫌だなぁと思い、防音性が高いと言われる鉄筋コンクリート造りのアパートに決めました。しかしまさか、自分たちの部屋の中での音に悩むとは思ってもみませんでした。後で知ったのですが、鉄筋コンクリート造りでも使われている材料や構造によっては、音がそれを伝って違う部屋に大きく響くことがあるそうです。やはり、賃貸物件はいざしばらく住んでみなければわからない、注意する点があるんだなと思いました。次に物件を探す時は、こういう音も気にしたいと思います。

Copyright (C)2017賃貸で借りるとしたらこんな場所を選ぶ.All rights reserved.